人気ブログランキング |

シベリア抑留絵画展

広島県三原市にお住まいの古谷 厳(ふるたに いわお)さん。
今年の4月17日で満94歳である。
もちろん広島カープの大ファンだ。

15歳で満蒙開拓青少年義勇軍となり満州へ。
「チビじゃったけど、やっちゃろー思うてね。」
しかし、昭和20年4月に現地召集。敗戦を迎え、シベリア抑留となる。

子どもの頃から絵が好きだった。
帳面にもマンガばかり描いていた。
60歳を過ぎて公民館の絵画教室に通う。
それまで、満州やシベリアのことはあまり語ってこなかったが、
講師から、その体験を生涯のテーマにしたらどうかとアドバイスを受ける。
一気に40枚書き上げた。我流。思うがままに。

絵を描くということは「過去の再認識、人生のおさらい。」
絵のお陰で多くの出会いをいただいた。
出会いは人生の宝物。
カープとシベリアの絵。
両輪があったからこそ、「ええ人生じゃった。」

古谷厳さんのシベリア抑留の絵画展開催中。5月11日までです。
証言映像も流しています。
広島弁の語りがたまらない!


# by kinen330 | 2020-03-21 19:03

移民カラオケ

「あなたはカメラを置いたら、この現実に参加していますか?」と撮影相手に問われた時、
「はい、参加しています」とまっすぐ答えられる存在でありたい。


内山くんが初めて記念館に来たのは、東京の中国帰国者グループの同行取材だった。
Tシャツにサンダル姿。あまりにも馴染んでいたのでグループの人だと思っていた。
こういう取材をしている人はどんな作品をつくるのだろう。印象に残っていた。
そして、できた番組が
「私はどこに還るのか 中国残留孤児の歳月(2015年NHKにて放映)」だった。

しばらくご無沙汰していたが、昨年、久しぶりにメールが届いた。
新しい挑戦をしているという。「移民カラオケ」・・・!?

残留婦人の母を持つ栄子さんが歩んだ人生が、
「時の流れに身をまかせ」のメロディーにのって
切なくも温かく伝わってくる。
そして、その映像を見ている人々。料理。お酒。笑顔。

メールには冒頭のことばも添えられていた。
・・・シビれました。


ドキュメンタリーとは。ジャーナリズムとは。
資本やコマーシャリズムに染められたテレビ業界で、
自分たちは何ができるのかを模索している若きドキュメンタリストたち。



今回の冬季講座はちょっと違う。
「映像を通して人間と向き合う時間」
皆さま、ぜひご一緒に。


# by kinen330 | 2020-02-20 14:07

右の耳

ー 屋根を葺くヤン草は50㎝くらいの厚みがありましたよ。 
  3年に一度くらい、順番に屋根の葺き替えをしてね。
  その時は集落みんな集まって手伝った。
  お祭りみたいで、女の衆が料理をふるまって。ー

開拓団の家屋の模型のところで突然大きな声で話し始めたNさん、88歳、男性。
左耳は敗戦後の収容所生活で病気に罹ってからずっと聞こえません。
右耳には補聴器をつけています。

昭和20年8月10日に父親が召集されていき、
昭和21年1月15日に母親が収容所生活で亡くなりました。
残された幼い妹二人と連れて行かれた養父母の家では、
お湯で体を洗ってくれて、貴重なお米を炊いてくれたそうです。
その後の養母の看病のお陰で、Nさんの右耳の聴力は回復しました。

養父のいとこの金さんという人が、毎日のように中国語を教えてくれました。
そのうち読み書きができるようになり、
養父母の豆腐やの事務仕事も任されるようになりました。

冬になると金さんのところに近所の人たちが集まって、歴史小説を読んでもらっていました。
字の読めない人が多かった当時のささやかな冬の娯楽です。
いつも20人くらいが聴きにきていました。
そのうちNさんも読むようになります。
分からない字は適当に読んでいましたが、
後になって間違えていたことが分かるようになったそうです・・・!

昭和28年。悩んだ末に、金さんを介して養父母に帰国の思いを伝えました。
「この日がくるかもしれないと思っていた。」
養父母はNさんに新しい服などを買って準備を整え、送り出してくれました。

展示室を移動しながら、最後まで大きな声で、
なつかしそうに話してくださいました。
お話しを聴いていて、心が温かくなるのを感じました。







# by kinen330 | 2020-02-14 18:33

私の地域の歴史

制服姿の高校生女子とお母さんの二人連れが来館。
学校の用事で近くまで来た帰りに、前から気になっていた記念館へ。

私のガイドに耳を傾け、時々質問しながら、
お母さんは何かを確認するように見学していました。

収容所生活のコーナーまでいって、ひと息。
「重いですね~」

長野県内で分村を送出した村のご出身のお母さん。
授業や教科書で学んだ記憶はないけれど、
中学の時、開拓団の本をもとにした演劇をしたのだそうです。
「逃げて隠れているところへソ連兵が入って来て、
 泣くと見つかるから子どもを殺すっていう・・・。
 どうしてこんな悲惨な話しをやらなくちゃいけないんだろうと思っていました。」
「でも、この歳になって・・・。」
自分の地域の歴史を知っておかなければと思うようになったそうです。
「なんていうか、申し訳ないっていうか・・・、
 時代に翻弄されて苦労した人たちのことをね、忘れないように・・・」

そんなお母さんの言葉を背中で聞きながら
娘さんは体験者の証言を読んでいました。



# by kinen330 | 2020-01-26 19:17

5人のおじいちゃまへ

今日の仕事は5人のおじいちゃまへお手紙を書くことでした。

埼玉県の元開拓団のWさん、83歳。
当時のことを思い出すと涙が溢れて筆が進まなかった、と必死で書いた自伝を以前送ってくださり、先週お仲間4人と来てくださいました。
Wさんの自伝『父よ妹よ』より。
ー 「お兄ちゃん寒い」といったので二人で一緒に使っていた毛布を妹の身体に巻き付けてしっかりとかけてやったが、ぼくはその後すっかり眠ってしまったので、寝返りなどして毛布は妹から離れて妹に寒い思いをさせてしまったかも知れない。ー
妹さんは「リンゴが食べたい」と言って、数日後に亡くなりました。

神奈川県のSさん、80歳。
長野県出身の元開拓団。先週、故郷の村の人たちが来館されるということで、その前日にお電話をくださいました。
Sさんの体験記より。
逃避行の5日目、追い込まれた人々は「生き組」「死に組」に分けられ、子どもや若い女性、病人などはここで自決させるしかないという判断に至りました。お姉さんは死のまぎわに言いました。「あたいは鈴蘭の花が好きだから鈴蘭の花を見たらお線香をあげて。」 建物に手榴弾を投げ入れ、火を放つという壮絶な自決現場。「死に組」だったSさんは反射的に外へ出て逃げたといいます。逃げるSさんの足を誰かの手が「まるで地獄から助けをよぶ手のよう」に引き止めたそうです。

東京在住のOさん、84歳。
ソ連侵攻後の満州で、民間人が遭遇した惨劇の中でも最も犠牲者が多かったといわれている「葛根廟事件」の生存者のお一人です。
現在の内モンゴル自治区、旧興安総省のチベット寺院葛根廟付近で、避難民がソ連の戦車部隊の襲撃に遭い1,000人以上が亡くなりました。逃げ惑う人々を戦車がひき殺し、大草原が血で染まったともいわれる凄惨な事件です。
その生存者の証言から真相を辿るドキュメンタリー映画『葛根廟事件の証言』が12月21日から東京の池袋シネマ・ロサで上映されるというお知らせをいただきました。

東京在住のNさん、92歳。
当地、長野県下伊那郡のご出身です。学校で青少年義勇軍の候補生6人のうちの一人として事前訓練などに参加していましたが、結局友だちにすすめて二人が渡満。大変な苦難の末に無事帰ってきたそうですが、それをずっと気にされていたそうです。
行った人にも、行かなかった人にも、「満州」という歴史は刻まれています。

東京在住のMさん、89歳。
高校の教員をしながら長年満蒙開拓について地道に研究、調査をされてきた人です。
満蒙開拓の加害性にも早くから言及され、著作物のテーマには大陸の花嫁、朝鮮半島からの開拓団・義勇軍、義勇軍を送出した学校教育の責任など、歴史の陰の部分に光を当ててこられました。どこに立脚して歴史を見るのか、大切なことを教わっています。


それぞれの方にお手紙をしたためました。
私の大切な仕事です。



# by kinen330 | 2019-12-08 20:05

満蒙開拓平和記念館の非公式ブログ。記念館にまつわるよもやま話を綴ります。


by kinen330
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る