人気ブログランキング | 話題のタグを見る

慈昭先生

「おとぎ話なんかしてくれてとっても楽しかったの」

いよいよ、映画「望郷の鐘」が来週クランクインとなります。
記念館のHPでも紹介してまいりましたが、
阿智村長岳寺の元住職で中国残留孤児の帰国に生涯を捧げた
山本慈昭さんを主人公にした映画の製作が進められています。

そんな中、慈昭さんが小学校4年生の時の担任だったという女性が
1枚の写真を持って来館されました。
慈昭さんは当時、国民学校の教員をしていたのです。
写真は昭和17年の夏。
丸刈りとおかっぱの子どもたちと一緒に、にこやかに笑っている若き日の慈昭先生がいました。

「授業はおとぎ話をしてくれたり、外に連れ出してくれたりしてとっても楽しかったの。
落第クラスだったんだけどね。やんかな子もいてね~。」

その方の話に、こちらまで楽しくなってくるようでした。
戦時中の学校においても、子どもたちが毎日楽しくいきいきと過ごせるよう心を配った
素敵な先生だったんだろうなと。
阿智郷開拓団でも、日本から送った荷物が届かない中、慈昭先生が
持ってきた紙芝居を見せてくれたり、野鳥の卵をとったりした、との証言があります。

戦後も何度か同級会に出席してくれたとのこと。
歳をとっても「俺はまだ死ねん。やらなきゃいけないことがたくさんある」とおっしゃっていたそうです。

慈昭先生の映画を、歳をとった教え子たちも応援しています。
by kinen330 | 2014-07-19 18:41

満蒙開拓平和記念館の非公式ブログ。記念館にまつわるよもやま話を綴ります。


by kinen330