人気ブログランキング |

やり場

その女性は受付に来たときすでに涙目でした。

3歳上のお兄さんが青少年義勇軍で昭和19年に満州へ。
戦後まもなく病院で亡くなったと聞かされました。
よく兄妹げんかをしたお兄さんでした。
父親は、勧めた教師のところにどなりこんで行ったそうです。
「先生も困ったでしょうねえ・・・」
そう言いながら、やり場のない怒りと悲しみがよみがえってきているようでした。

名簿を見ると、お兄さんは収容所で亡くなっていました。
その中隊は、義勇隊の中でも犠牲者の割合が高いのが特徴です。
終戦の年の春、ソ連国境添いの最前線の訓練所に送り込まれます。
湖をはさんだ向こうにはソ連の街並みが見えていたといいます。
昭和20年8月9日未明、ソ連侵攻。
一時撤退の命令で避難した直後、訓練所はソ連軍の砲撃で壊滅。
その後の逃避行やソ連軍による連行、その果てにたどりついた収容所は
コンクリートの壁の小さな窓に鉄格子がはまる刑務所跡でした。
過酷な環境に少年達の心も荒んでいきます。

この隊をモデルにした小説があり、実態が描かれています。
あまりに悲惨な内容なので、その本を紹介するのに躊躇しました。
お兄さんが亡くなったのも病院ではなく収容所、刑務所跡だったのかもしれないのです。

満州に心を残している人たちが、今日も記念館を訪れます。

「立派な記念館をつくっていただいて・・・」
その女性は涙目のまま、杉の柱がそびえる吹き抜けの廊下を見上げていました。
by kinen330 | 2014-12-11 18:51

満蒙開拓平和記念館の非公式ブログ。記念館にまつわるよもやま話を綴ります。


by kinen330
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る