人気ブログランキング |

消えない事実

「早く帰って来たから、見捨ててきたと思われているんじゃないかと・・・」

ある開拓団の副団長をしていた人の娘さんが来館されました。
その開拓団は7割近くが犠牲となり、無事に日本に帰ってきた人たちも
命からがらだったと思います。

ソ連侵攻後の「満州」は戦場となり敗戦後も大混乱の状態が続きます。
逃避行や収容所生活の中で団としての体制は崩れ、
バラバラになってしまったところがほとんどです。

「満州」からの日本人の引き揚げは昭和21年の5月から。
10月までの間に100万人以上が引き揚げています。
早く帰れた人、遅かった人、数年間留用された人、残留した人・・・。
さまざまな戦後がありました。

―― 団の幹部の方が先に帰ってきていた。

見捨てたわけではないけれど、先に帰って来たという事実だけが残りました。
いろいろな理由があったと考えられますが、戦後のその人たちへの風当たりは、
社会からも、同じ開拓団の仲間や家族からも、厳しかったことが想像できます。
直接非難されないからこそ釈明も許されず、
信じてもらえないという悔しさ、虚しさを何十年も背負い、
また、家族も感じて生きてこられたのでしょう。

向き合いにくい歴史、語り継がれてこなかった歴史。
その要因がここにもありました。

「これもみな、戦争の犠牲者かなと、誰のせいでもないと思っております」
同じような立場の人が以前このようにおっしゃっていました。

「満州」だけではない、ほかの事象にも通じる、むずかしい話だと思います。
by kinen330 | 2015-01-11 18:44

満蒙開拓平和記念館の非公式ブログ。記念館にまつわるよもやま話を綴ります。


by kinen330
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る