7人

S小学校6年生4人と若い担任の先生が来館しました。

青少年義勇軍のコーナーのガラスケースに、当時の県内各町村への「割当表」という資料があります。
ノルマです。今年度はこの学校からは何人出しなさいという。
S小学校は7人、と書いてありました。

「先生、今年は7人出してくださいね。ノルマを達成できないとボーナス減りますよ。」
「じゃあKくん、行ってくれよ。でも4人じゃ足りないから5年生にも声かけなきゃ。」
「Tくん家はお母さんが反対してハンコもらえないから説得に行ってください。」
「はあ。」
「結果、送り出した子どもたちが満州で何人か亡くなるんです。」
一緒にいる子どもたちの顔を見て、先生、顔をゆがめました。
「うわ~、そういうことかぁ。」

先生に勧められて満州へ渡った少年たちが大勢いました。
戦後、責任をとって辞職した先生もいました。
行った人も送り出した人もいる。
これが満蒙開拓という国策です。

歴史が今に語りかけてくるものとは。
[PR]
by kinen330 | 2016-11-18 18:20

満蒙開拓平和記念館の非公式ブログ。記念館にまつわるよもやま話を綴ります。


by kinen330
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る