甘藍の露

「七夕や 芋の露なし 甘藍(かんらん)の露」

甘藍とはキャベツの中国語名。
七夕には里芋の葉に溜まった露で墨をすり短冊を書く習わしがありますが
満州では里芋がなかったのでキャベツの葉の露で代用したそうです。
この句は当時したためた一句とのこと。

季節外れの話題ですが、語り部さんのこぼれ話のおすそ分けです。
[PR]
by kinen330 | 2017-02-10 18:40