親父の満州と

「開拓のことは、なんか、いやでねえ」

父親が元開拓団というKさん。ご本人は戦後生まれです。
慰霊祭にも遺族会の集まりにも訪中団にも、
自分は参加してきませんでした。

昨年、88歳で亡くなった父親。
満州のことはほとんど口にしませんでしたが、
70代で頭に怪我をおってから、
夜中に訳の分からないことばで寝言を言うようになりました。
「日本語混じりの中国語で、わわわわーっと。
 どうしても帰らんといかん!とかね。」

終戦時17歳だったKさんのお父さん。
開拓団の頼りになる男性たちは根こそぎ召集でいません。
なんとか食糧を得るために、避難民生活の中、働きに出ます。
「あんたのお父さんのお陰で帰って来れた」
よく、そう話してくれるくれる人もいました。

17歳の少年は、開拓団の人たちを守るために、
なんとか日本へ帰るために、
戦後の動乱の満州で必死で生きたのでしょう。

60年も経ってから、無意識の中で呼び覚まされる満州の記憶。

「ここができたことは知っていたんだけど。」
満州のことには触れたくなかった。
触れてはいけない傷跡が、父親の心の奥深く沈められていることに
気付いていたのでしょう。
今日は若い息子さんと二人、来館したKさん。
記念館の天井を仰ぎ見ながら「親父を連れて来てやれてたら・・・。」
ようやく、この歴史と向き合えるようになりました。
長い時間が必要でした。




[PR]
by kinen330 | 2017-08-18 18:03

満蒙開拓平和記念館の非公式ブログ。記念館にまつわるよもやま話を綴ります。


by kinen330
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る