白樺の丸太板

「昭和十九年一月 満洲 小姑舎訓練所 
 一少年訓練生 この白樺をひいて我がためにもち来たる
 姓も名も不詳」

兵庫県にお住まいのNさんから、古い白樺の丸太板を寄贈いただきました。
直径30㎝、厚さ3㎝。
Nさんの父親が満州から持ち帰ったもので、
戦後しばらくして片面に文章をしたためたようです。

父親は教師で青少年義勇軍の送出に関わりました。
当時、教師たちは送り出した教え子たちの激励と視察を兼ねて
満州の訓練所を訪問していました。
昭和19年。訪問した訓練所で、名も知らぬ少年が記念に持ち帰ってほしいと
わざわざ山から切って持ってきたのだそうです。

戦後、満州や義勇軍のことはほとんどしゃべらなかった父親。
でもこの板はずっと玄関に置いてありました。

「お父さんはどんな思いでこの板をとっておいたのでしょう」
「自責の念だったんじゃないですか」

Nさんは批判もしたそうです。教師である父親の責任。
でもこの板は父親が亡くなっても、家を建て替えても、捨てられずにいました。

少年は何を思って渡したのでしょう。何を託したのでしょう。
彼が生きて帰って来たのかどうか、もちろん分かりません。

時空を越えて記念館にたどりついた白樺の丸太板。
ずしりと思い丸太板です。


[PR]
by kinen330 | 2018-02-08 19:08

満蒙開拓平和記念館の非公式ブログ。記念館にまつわるよもやま話を綴ります。


by kinen330
プロフィールを見る
画像一覧