これから

「今の私たちができることは、過去のことをもとにして、
 これからの私たちが態度で表すことだと思います。
 今を創る私たちは、過去を後悔するのではなく、
 悲しみや苦しみを背負って、
 これからを創っていくことだと私は思います。」

記念館を見学した阿智村の小学6年生の感想です。

子どもたちはやわらかい心で大切なことに気づき反応します。
歴史を学ぶことは、どのような「これから」を創っていくかを考えること。


[PR]
by kinen330 | 2018-02-22 19:03