人気ブログランキング |

遠く中国から

「日本の人たちは、あたたかく見守ってほしい」

中国黒竜江省ハルピンに「中国養父母連絡会」というボランティア団体があります。
日本人孤児を育てた養父母の支援をしている団体で、昨日、代表の胡暁慧さんが来館され、飯田市で講演をされました。

養父母たちは自分の生活も厳しい状況の中で日本の子どもたちを引き取って育てました。
そして、祖国日本の本当の家族のもとへ帰っていく“我が子”を断腸の思いで送り出しました。
日本へ帰った残留孤児・帰国者たちの多くは自分の生活が精一杯で、養父母のことを顧みる余裕がありませんでした。
残された養父母達の喪失感・孤独ははかり知れません。
それでも、遠く中国から“我が子”の幸せを祈っていたのでしょう。

そのような年老いた養父母を精神的に支えたのが「養父母連絡会」でした。
「他人の子ども、日本人の子どもを引き取ることは、強く優しい気持ちがなければできないこと。私は彼らを尊敬している」とおっしゃいます。
胡さんはこのボランティア活動を34年間続けてこられました。
戦後70年以上が経過し、養父母たちも多くは亡くなっています。
でも、まだ心残りがあると言います。

ひとつは、いまだに「中国残留日本人孤児」であることが認定されず、調査にも至っていない“残された人たち”がいること。彼らに日本を見せてあげたい。
そして、日本に帰っても差別を受け苦しんでいる孤児たちがいることです。
「日本の人たちはあたたかく見守ってほしい。社会に溶け込めるよう、関係者の協力をお願いしたい」と。

今でも、遠く中国から日本に帰国した孤児たちのことを案じている人がいることに、胸が熱くなりました。
この思いに少しでも応えたいと思います。







by kinen330 | 2018-05-03 14:56

満蒙開拓平和記念館の非公式ブログ。記念館にまつわるよもやま話を綴ります。


by kinen330
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る