人気ブログランキング |

開拓団は

「もっと早い段階で避難させてくれていたら
 全員ではなかったにしても助かったはずなんです」

語り部のMさん。
国策とはいえ、開拓団は自分の意思で行ったのだといつもおっしゃいます。
「明日ではなく今日食べるものに困っていた」というMさん一家。
父親は土木作業員でしたが、鉄道もダムも完成して仕事がなく、
母親の反対を押し切って満州へ渡りました。
だから、まわりのせいではないと。

ソ連侵攻の報を聞いても「関東軍が守っているんだからそんなに早く入って来るわけがない」と
父親は信じて疑いませんでした。
しかし「櫛の歯が欠けるように」いなくなっていた関東軍。
松花江の警備部隊であった満州国軍の「江上軍」も反旗を翻し、
現地の「満人」からも報復をうけます。
「助けを求めるところもない。やられっぱなし。」
逃げ場のない開拓団。7割以上が亡くなります。
Mさんの父親も、極寒の収容所で息絶えました。

満州へ行ったのは誰のせいでもない、父親の意思だったというMさん。
でもやはり納得できないのは、
同じ日本人でも、情報をいち早く得て帰国できた人もいたということ。
開拓団は見捨てられたー。

昭和20年当時、旧満州に居留していた一般邦人は開拓団27万人を含む約155万人。
そのうち約24万5千人が亡くなり、そのうち約8万人が開拓団なのです。
もっと早い段階で戦況が分かっていれば。

隣りで語るMさんの体の内にこもったままでいる怒りの熱を感じながら
後の時代にどんな弁明や理屈があろうとも
この怒りの感情を忘れないでいようと自分に言い聞かせました。


by kinen330 | 2019-03-20 20:17

満蒙開拓平和記念館の非公式ブログ。記念館にまつわるよもやま話を綴ります。


by kinen330
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る