人気ブログランキング |

同じ日本人として

ハルビンの街なかにあった桃山在満国民学校。通称「桃山小学校」。
ロシア風の立派な建物で、今も学校として使われています。
かつて、そこに通っていて、終戦時には低学年だったという同窓会グループが来館されました。
そして、その桃山小学校で避難民生活を送った元青少年義勇軍の語り部Yさんと懇談の時を過ごされました。

終戦後のハルビン。
北満から避難民となった日本人が集結し、学校や官舎、兵舎などが収容所となりましたが、
劣悪な環境で大勢亡くなります。
桃山小学校でも、襲撃をうけて窓は壊され玄関の扉もなく、
吹きさらしの冷たいコンクリートの床で冬を迎えた人々が、
栄養失調や流行病で大勢亡くなりました。
Yさんの仲間たちもここで数十名命を落としました。

もともとハルビンの街に住んでいた日本人も命の危険にさらされていましたが、
引揚げるまで住居を確保できていた人たちもいました。
もちろん学校は閉鎖。
親たちは言いました。「学校に行ったら病気を移される。」
避難民の間で流行していた発疹チブス。
親であれば子どもに行かないよう言い聞かせたことでしょう。

終戦翌年の秋になってようやく引揚げ。
彼らは戦後になって、開拓団をはじめ自分たちと比べて
あまりに悲惨だった同朋の存在を知るのです。
「ずっと引っ掛かっていました。」
あまり苦労せず、家族全員無事で帰って来たことへの後ろめたさ。
「同じ日本人として何かできなかったのか」と。

Yさんに問いかけました。
「私たちのような日本人の存在を、Yさんはどう思っていますか。」
Yさんは答えました。
「日本へ帰りたいという思いは、同じだったと思います。」

一人ひとりが抱えている「満州」があります。






by kinen330 | 2019-05-24 18:30

満蒙開拓平和記念館の非公式ブログ。記念館にまつわるよもやま話を綴ります。


by kinen330
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る