人気ブログランキング | 話題のタグを見る

母のふるさとへ

「お正月やお盆になると、母が泣くんです。
 ・・・子どもの自分には理解できなかった。」

残留婦人だった母親と1982年、18歳の時に日本へやってきたMさん。
それまで、日本人という意識はまったくなかった。

残留婦人とよばれた人たち。
終戦時13歳以上で中国に残った人たちを、
日本政府は「自分の意思で中国に残り」中国人と結婚したと判断し、
帰国支援の対象からはずした。
多くは戦後の悲惨な避難生活の中で死に直面し、
家族を助けるため中国人の妻になる選択をしたり、
中には売られた人もいた。
彼女たちこそ、自分の日本名も出身地も日本語も覚えており、
日本文化が無意識に身体の中に染みついていた人たちだった。

「一緒に日本へ帰ってくれないか。」
冬、白菜の収穫の時季だった。突然、母親から相談を受ける。
Mさんは7人兄弟の6番目。上の5人はすでに結婚していた。
3か月考えて決めた覚悟だった。
「それが、自分の使命」だと。

18歳で中学1年生に転入。「あいうえお」も分からなかった。
いじめもあった。
初めの頃は辛くて、中国に帰りたいという思いが‟しっかり”あった。

1983年、日本で初めて迎えたお正月。
ささやかな炬燵にミカンとお菓子が並ぶ。
そこで母親が「ふるさと」を歌い出した。
いい顔をしていた。
ついてきて良かった。

自分の存在を「戦争の後遺症」・・・、
戦争が残した傷だと思っていたこともあったという。
でも今は「みんなに生かされている」と思う。
孫も生まれ、「日本のじいじを楽しんでいる。」
そして、平和こそ大切だと強く思っている。


by kinen330 | 2024-06-02 17:05

満蒙開拓平和記念館の非公式ブログ。記念館にまつわるよもやま話を綴ります。


by kinen330