人気ブログランキング |

<   2016年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

二人の旅

花柄のスカートをはいた上品なおばあちゃんと、デニムのハーフパンツ姿の青年。
めずらしい組み合わせの二人がおしゃべりを弾ませながら展示を見ています。
大阪から昭和7年生まれの女性Kさんが名古屋在住のお孫さんと一緒に来てくださいました。

空襲が激しくなっていく大阪から、Kさん一家は疎開で満州へ行こうと申し込んだのですが既にいっぱいで締め切り。仕方なく北海道へ行ったそうです。
戦争が終わり数年経って大阪に戻りました。

時は流れ、80年代。中国残留孤児の訪日調査が盛んに報道されるのを釘付けで見ていたそうです。
歳の離れた弟たちがいました。あの時満州へ行っていたら、彼らは帰って来られなかっただろう・・・。紙一重の人生でした。

「日本にいた私たちはこんなに苦労された方々にどうやってお返ししたらいいか」
“お返し”というのは、報いるというか慰めるというか、いろんな思いが込められているのだと思います。
涙ぐみながら話してくださるKさん。
同世代に生きた人々の苦労を我がことのように受け止めておられる様子に胸が熱くなりました。

長野県の記念館に行きたいというおばあちゃんのリクエストをうけ、お孫さんはさっそく図書館で「満州国」について調べ、コピーを送ってくれたそうです。
お孫さんにとっては初めて出会う「満州国」。
今日も少々難しい本を2冊買っていかれました。
そして、スマホでバスを予約し、タクシーを呼び。
二人の旅はこれからも続くようです。
by kinen330 | 2016-09-24 18:45

Oくんのテーマ

地元阿智村の中学3年生30人が勉強にやってきました。
10月の文化祭の学習発表に「満蒙開拓」を選択した皆さん。
それぞれ自分のテーマを持って調べものです。

1932年に行った弥栄村開拓団と1945年に行った阿智郷開拓団の差は何ですか。
満州に子どもを置いてきた母親の気持ちが知りたい。
満州の農業について詳しく知りたい。農機具とかも。

などなど、難問に対応するのにあっちの資料こっちの資料と大忙し。

そんな中、
「どうして国策は止められないのか。満蒙開拓の歴史と今の時代を比べてみたい。」
というメガネの少年Oくん。おおっ!君は何者だ。
「満蒙開拓が進められたのは貧しさだけではなかったことは分かりました。ではなぜ進められたんでしょうか。」
するどい視点にひるみながら、本や資料を開き、先生も交えて意見交換。
「戦争遂行という国の目的が大きかったのでしょうか」
「国内の経済事情も変わってくる中、推進力になったのは何だったのか」
「“バスに乗り遅れるな”という地域内の論理も大きかったのでは」
「国も企業も満州に莫大な資本をつぎ込んでいたから後戻りできなかったのでは」
「・・・どっかで聞いたような話だなあ」

1945年の5月に渡っていった阿智郷開拓団を、
あの時、どうしたら止めることができたのか。
大きな時代のうねりに抗い止める力を、
私たちはどうすれば手に入れることができるのか。
Oくんが掲げたテーマにこの歴史から導き出せるものがあるのか。
一緒に考えていきたいと思います。
by kinen330 | 2016-09-09 18:29

満蒙開拓平和記念館の非公式ブログ。記念館にまつわるよもやま話を綴ります。


by kinen330
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る