<   2016年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

南方へ

「正直、来づらかったです。」

遺族会の慰霊祭を終えた足で記念館に来たという男性。
父親は関東軍の将校でしたが、南方転出の命を受け昭和19年3月、4個師団1万2千人を率いて大連の港から横浜、父島を経由しパラオへ。最後はペリリュー島で亡くなったそうです。

満州を守るはずの関東軍でしたが、南方戦線が激しくなる中、南方への転出が進められていました。
開拓団を含む一般邦人の多大な犠牲の要因の一つに、この関東軍の戦力低下が挙げられます。その穴埋めのように開拓団からも男性たちが召集されていきました。
ソ連侵攻時の開拓団の婦女子の悲劇は語り尽くせません。

しかし、南方へ移動した兵士たちも、熾烈な戦闘のほか飢えと病気で大勢犠牲になりました。
「アメリカ軍に飛行場を作らせないための持久戦。人間が兵器として使われたんです。」

この記念館のことがずっと気になっていたという男性。
関東軍が去った後の満州での悲劇に、心を痛めておられたようです。
だから「来づらかった」と。

70を過ぎた私の目の前にいるこの男性も、父親の顔も知らず生きてきたのだ・・・。
記念館に来てくださる様々な立場の人たちに出会い、様々な戦争があったことに思い至ります。
[PR]
by kinen330 | 2016-10-22 12:51

滋賀県から

「3年間の訓練が終わったら10町歩くれるっていう、それにつられて行ったんや。」

滋賀県は開拓団送出数が最も少ない県で、どうしても長野県と比較してしまいます。
それでも義勇軍は1,300人以上送出されました。
そのうちの一人、来年88歳になるというIさんが来館。
米寿のお祝いを兼ねてお子さんたちが連れてきてくれました。

昭和19年の3月に内原訓練所に入所し、1年間は内地で農作業。
20年の3月に渡満しますが、訓練もそこそこに軍需工場へ動員され、そこで終戦を迎えました。まだ15歳です。

「悪いこともしたでぇ。」
生きるためには何でもやりました。
中国人の家に住み込みで働いたり、万頭やポンポン菓子を売り歩いたり。
時には盗みもやりました。
「農家に牛を盗みに行ったんやけど、牛が動けへん・・・。」
残念そうな話しぶりに大爆笑!
この大胆な窃盗はさすがに失敗に終わりました。

隊の仲間は散り散りになり、昭和21年7月の引揚げの時には、熊本県出身の満鉄社員一家の家族に入れてもらって帰国できたとのことでした。幼い子供たちが6人ほどいたそうですが、一人ぼっちの少年Iさんの引揚げを助けてくれたのです。
そのご一家とは戦後も家族のようなお付き合いをし、一家のお父さんが亡くなった時のお葬式には、“長男”として参列させてくれたのだそうです。
胸が熱くなりました。

懐かしそうに語るIさん。思い出話は尽きません。
「150歳まで生きる。まだ折り返しの途中や。」
・・・Iさん、いけるかも。
次回はお仲間を連れて来てくださるそうです。
[PR]
by kinen330 | 2016-10-17 19:35

鉄砲玉

「今さら悔いたって始まらねえけど、えらい時に生まれちまったなぁ」

昭和2年生まれ。元青少年義勇軍のたけちゃんは軽トラに乗って1時間半かけて記念館にたびたび来てくださいます。
「あきちゃん、来たよー!」
なぜかいつも私が忙しくない時間を狙うかのようなグッドタイミングで。
私も親しみと尊敬の念をこめて「たけちゃん」と呼んでいます。

たけちゃんは昭和17年に渡満し、終戦時にはソ満国境に荷役部隊として動員されていました。その後、ハルビンで1年間ソ連兵の元で働かされてそのままシベリア抑留。今でもあいさつ程度のロシア語ならお手の物です。

今年から田んぼをやめ、このところの長雨に暇を持て余していたたけちゃんは、生まれてから終戦までの時代をしみじみと振り返ったようです。
「1銭で鉄砲玉6つきたでね」
1銭で飴玉が6つ買えた、という意味です。
飴玉のことを子どもたちが鉄砲玉と言ったことに、たけちゃんは軍国主義の時代に生まれ、軍国主義教育の中で成長していったことを改めて感じたようです。
「いきなり満州へ行けったって、急においそれとは行かねえ。それより前に順にそういう教育を受けていた。そうでなきゃそんなに簡単に行かねえ。」
物心ついた頃には“鉄砲玉”がおやつで、小学2年の担任は元陸軍少尉。教頭先生が教育勅語を白い手袋をはめて頂く姿が日常の中にありました。
「教育は恐ろしいね。鉄砲で人を殺すことを何とも思わない。今だったらキジを撃つのだってやだね。」
と、ソ連侵攻の混乱の中で、軍の荷物を持って逃げた中国人を後ろから撃ったという体験を話してくれました。
「前につんのめった。あのまま死んじゃったんだね。取り返しがつかねえ・・・。」
たけちゃんから初めて聴く話でした。

「二度とこのような道を踏まないよう願いたい」

会うたび少しずつ年老いていくたけちゃん。89歳の願いです。
[PR]
by kinen330 | 2016-10-09 15:31

満蒙開拓平和記念館の非公式ブログ。記念館にまつわるよもやま話を綴ります。


by kinen330
プロフィールを見る
画像一覧