<   2018年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

桜の記章

昭和17年に青少年義勇軍で満州へ渡ったTさんが、
卒業前に写したクラス写真を持参してくれました。
学生服を着た少年たち、総勢46人が5段に並んでいます。
中にTさんを含む3人が左胸に白いバッジをつけています。
桜の記章。満蒙開拓青少年義勇軍の記章です。

義勇軍に行く3人は卒業の少し前からこの記章を学校につけてくるよう言われました。
下級生たちからは「いいぜ、あの人。満州に行くんだぜ」と言われ
同級生たちからもうらやましがられました。
「おだてられて、ちやほやされて、てんぐになった。優越感を感じたね。」

Tさんのひとつ上の学年からは誰も義勇軍に行きませんでした。
担任の先生は満州へ視察に行くなどして気合いを入れていました。

しかし、3人のうち1人は昭和19年、腹膜炎を煩い満州の病院で亡くなり、
もう1人は逃避行の途中で行方不明になったままです。
Tさんもソ連侵攻時は国境守備隊に配属されており、
なんとか助かったものの、敗戦後はシベリアに抑留されました。

白黒のクラス写真。桜の記章を胸につけた3人の少年は、少し誇らし気に見えます。
「宣伝効果に一役買ったんだね」
自嘲気味に笑うTさん。
当時の国や社会、教育が14歳の少年に植え付けたものとは。



[PR]
by kinen330 | 2018-10-19 19:27

中学生の「なぜ」

・満州の様子は日本に伝わっていたのですか。
・満州にもともといた現地の人と仲良くする方法はなかったのですか。
・ソ連や中国の人に追われるようになることを当時は予測できなかったのですか。
・どうして普通の開拓団だけでなく青少年義勇軍をつくったのですか。
・送りだした人はどんな気持ちだったのですか。
・なんで開拓団の人は日本が負けるということを考えなかったのですか。
・なぜ満州から帰ってきた人を心から受け入れてあげられなかったのですか。
・今でも取り残されたまま帰れなくなっている人はいるのですか。
・満蒙開拓は日本に利益をもたらしていたのですか。また、結果的に満蒙開拓は日本にとってよいものだったのですか。
・満州に渡った人たちがこんな目にあわないようにするには、どうしたら良かったのでしょうか。
・中国の人たちは今でも日本人を嫌っていますか。
・なぜ戦争体験者の方々が、今になって満蒙開拓のことなどを語りはじめたのか知りたい。
・日本はなぜ戦争をしたのですか。
・三沢さんが当時の村長だったらどのような判断をされますか。
・「これだけはわかってほしい」ということはありますか。
・三沢さんが思う平和とは何ですか。

たくさんの「なぜ」を持って中学生が来館してくれています。
答えも正解も簡単には出せません。
一緒に考えています。
考えることが大切なのだと思います。




[PR]
by kinen330 | 2018-10-07 14:44

満蒙開拓平和記念館の非公式ブログ。記念館にまつわるよもやま話を綴ります。


by kinen330
プロフィールを見る
画像一覧