人気ブログランキング |

<   2020年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

移民カラオケ

「あなたはカメラを置いたら、この現実に参加していますか?」と撮影相手に問われた時、
「はい、参加しています」とまっすぐ答えられる存在でありたい。


内山くんが初めて記念館に来たのは、東京の中国帰国者グループの同行取材だった。
Tシャツにサンダル姿。あまりにも馴染んでいたのでグループの人だと思っていた。
こういう取材をしている人はどんな作品をつくるのだろう。印象に残っていた。
そして、できた番組が
「私はどこに還るのか 中国残留孤児の歳月(2015年NHKにて放映)」だった。

しばらくご無沙汰していたが、昨年、久しぶりにメールが届いた。
新しい挑戦をしているという。「移民カラオケ」・・・!?

残留婦人の母を持つ栄子さんが歩んだ人生が、
「時の流れに身をまかせ」のメロディーにのって
切なくも温かく伝わってくる。
そして、その映像を見ている人々。料理。お酒。笑顔。

メールには冒頭のことばも添えられていた。
・・・シビれました。


ドキュメンタリーとは。ジャーナリズムとは。
資本やコマーシャリズムに染められたテレビ業界で、
自分たちは何ができるのかを模索している若きドキュメンタリストたち。



今回の冬季講座はちょっと違う。
「映像を通して人間と向き合う時間」
皆さま、ぜひご一緒に。


by kinen330 | 2020-02-20 14:07

右の耳

ー 屋根を葺くヤン草は50㎝くらいの厚みがありましたよ。 
  3年に一度くらい、順番に屋根の葺き替えをしてね。
  その時は集落みんな集まって手伝った。
  お祭りみたいで、女の衆が料理をふるまって。ー

開拓団の家屋の模型のところで突然大きな声で話し始めたNさん、88歳、男性。
左耳は敗戦後の収容所生活で病気に罹ってからずっと聞こえません。
右耳には補聴器をつけています。

昭和20年8月10日に父親が召集されていき、
昭和21年1月15日に母親が収容所生活で亡くなりました。
残された幼い妹二人と連れて行かれた養父母の家では、
お湯で体を洗ってくれて、貴重なお米を炊いてくれたそうです。
その後の養母の看病のお陰で、Nさんの右耳の聴力は回復しました。

養父のいとこの金さんという人が、毎日のように中国語を教えてくれました。
そのうち読み書きができるようになり、
養父母の豆腐やの事務仕事も任されるようになりました。

冬になると金さんのところに近所の人たちが集まって、歴史小説を読んでもらっていました。
字の読めない人が多かった当時のささやかな冬の娯楽です。
いつも20人くらいが聴きにきていました。
そのうちNさんも読むようになります。
分からない字は適当に読んでいましたが、
後になって間違えていたことが分かるようになったそうです・・・!

昭和28年。悩んだ末に、金さんを介して養父母に帰国の思いを伝えました。
「この日がくるかもしれないと思っていた。」
養父母はNさんに新しい服などを買って準備を整え、送り出してくれました。

展示室を移動しながら、最後まで大きな声で、
なつかしそうに話してくださいました。
お話しを聴いていて、心が温かくなるのを感じました。







by kinen330 | 2020-02-14 18:33

満蒙開拓平和記念館の非公式ブログ。記念館にまつわるよもやま話を綴ります。


by kinen330
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る