人気ブログランキング |

覚えていてくれた

「語れなかったし、聴いてもくれませんでした」

昨日、愛知県からの団体に、語り部の久保田諫さんがお話しをされました。
壮絶な集団自決の話は、戦後の村の中ではタブーでした。
人々は新しい家庭を築き、社会は戦後の復興の道をひた走っていました。
久保田さんも、なかったことのように生活してきました。
あの記憶は、心の奥に封じてきました。

「覚えていてくれた」
平成28年、天皇皇后両陛下が記念館を訪問された時、
ある開拓団の人が感想を寄せてくれました。
兵隊でもないわたしたちの犠牲を・・・。

引揚者に対する社会の眼は、同情はあっても温かいものではありませんでした。
国策として進められたという背景がありながら
判断する情報を知らされなかったにもかかわらず
「好きで満州へ行ったんだろう」という自己責任論。
人々は口を閉ざし、社会も目を向けず、風化しつつあったのです。

人々の声を、思いを、どのように受け継ぐことができるのか。
私たちの社会はこの歴史に学ぶことができるのか。
問い続けていきます。





# by kinen330 | 2019-04-30 12:29

心の中のどろどろしたもの

「逃避行の途中、暴徒に見つからないように泣き止まない赤ちゃんの首を絞める役を頼まれた
民ちゃんは、その後、罪悪感にさいなまれて団を離れていったんですよ。」
民ちゃんはそのまま日本に帰ってくることはありませんでした。

ときどき記念館に来ては、来館者に展示案内をしてくださる元開拓団のKさん、86歳。
現地住民からの襲撃や3週間もの逃避行、収容所生活で6割以上が犠牲となった開拓団で、
ご自身も残留孤児となり、昭和33年、集団引揚げ最後の年にようやく帰国しました。
自分の体験だけでなく、あの人、この人、同級生の〇〇くん、〇〇さんの話・・・。
どれもこれもが悲惨な話で「不都合な史実」です。

Kさんの開拓団が入植した場所はもともと抗日感情の激しい地域で、
農地も家屋も二束三文で現地の人から買い上げたものでした。
なぜ自分たちがそのようなやり方でそこに入植しなければならなかったのか。
時に中国語で書かれた文献も辿りながら、ひとり悶々と研究してきました。
子どもながらに「五族協和」といいながらあからさまな差別が存在していたことを見てきました。
収容所生活では極限に置かれた人間の非情や狂気も見てきました。
戦後は「団の恥をさらすな」と団の幹部たちから口封じを受けていました。

「心の中にどろどろしたものがあるんです。」
そう自覚しながら、歴史を伝える生き証人として記念館に来てくれます。
その小さな肩にどれほどのものを背負っているのだろうか。
心の中のどろどろしたものが洗い流される時は来るのだろうか。

どうか、Kさんの話に耳を傾けてほしい。
あなたの時間を少し分けてほしい。
展示案内をする後ろ姿を祈る思いで見ています。




# by kinen330 | 2019-04-14 19:51

復学の道

青少年義勇軍幹部候補生だったTさんは、終戦の前年に召集されシベリアに3年抑留された。
帰還したときには両親は亡くなっており、兄弟も散り散りになっていた。
帰る家もなく、迎えてくれる親もいない。

2年間は寺の軒先に野宿しながら炭坑の日雇い夫などして放浪生活。
そんな時、国内の大学へ復学ができるという知らせがくる。
満州で開拓指導員訓練所の獣医師養成コースにいたTさん。
地方の国立大学獣医学部に編入学。24歳からの再出発だった。

ほかの仲間たちの多くは、帰国後やはり炭坑夫になったり、農業に帰っていった。
みな、食べていくこと、目の前の生活に必死だった。
また「復員してきた若い男性は当時ひっぱりだこだったんだよ~」と、
親がすすめる結婚で早々に家庭を持つ人も多かった。

晩年になって、動物病院経営で大成功を収めたTさんを仲間たちは羨ましがった。
「俺は帰る家も迎えてくれる親もいなかったから。」
その寂しさと貧しさをバネにして生きてきた。

復学に尽力してくれた人物は、満州の訓練所の副所長だったS先生。
S先生はTさんが出征する時に「生きて帰れよ」と言ったという。
Tさんはこの人を人生の恩人として敬い続けている。


# by kinen330 | 2019-04-07 15:05

開拓団は

「もっと早い段階で避難させてくれていたら
 全員ではなかったにしても助かったはずなんです」

語り部のMさん。
国策とはいえ、開拓団は自分の意思で行ったのだといつもおっしゃいます。
「明日ではなく今日食べるものに困っていた」というMさん一家。
父親は土木作業員でしたが、鉄道もダムも完成して仕事がなく、
母親の反対を押し切って満州へ渡りました。
だから、まわりのせいではないと。

ソ連侵攻の報を聞いても「関東軍が守っているんだからそんなに早く入って来るわけがない」と
父親は信じて疑いませんでした。
しかし「櫛の歯が欠けるように」いなくなっていた関東軍。
松花江の警備部隊であった満州国軍の「江上軍」も反旗を翻し、
現地の「満人」からも報復をうけます。
「助けを求めるところもない。やられっぱなし。」
逃げ場のない開拓団。7割以上が亡くなります。
Mさんの父親も、極寒の収容所で息絶えました。

満州へ行ったのは誰のせいでもない、父親の意思だったというMさん。
でもやはり納得できないのは、
同じ日本人でも、情報をいち早く得て帰国できた人もいたということ。
開拓団は見捨てられたー。

昭和20年当時、旧満州に居留していた一般邦人は開拓団27万人を含む約155万人。
そのうち約24万5千人が亡くなり、そのうち約8万人が開拓団なのです。
もっと早い段階で戦況が分かっていれば。

隣りで語るMさんの体の内にこもったままでいる怒りの熱を感じながら
後の時代にどんな弁明や理屈があろうとも
この怒りの感情を忘れないでいようと自分に言い聞かせました。


# by kinen330 | 2019-03-20 20:17

上等兵もねえもんだ

♪~人のいやがる軍隊に 志願してくるバカもある 
  朝もはよから起こされて 金の食器に金の箸
  仏様でもあるまいに 一膳めしとは情けなや~♪

久しぶりに竹ちゃんがやってきました。
昭和2年生まれの元義勇軍。
今日は軍歌の替え歌を2曲披露してくれました。

♪~彼女を思う一念に ラブを一通書いたなら
  中隊本部で見つけられ 叱られるこの身の哀れさよ~♪

竹ちゃんは、まだ訓練中だった昭和19年11月、
「軍勤」=軍の勤労奉仕という名目で国境守備隊9832部隊に移動。
その本隊は昭和20年の春に「俺たちを置いて南方へ行っちまった。」
ソ連侵攻後の死線を越えて、シベリアへ抑留。
昭和23年12月、舞鶴へ引き揚げた時に名簿で確認すると
9832部隊の上等兵になっていました。

「上等兵もねえもんだ」
終戦時の措置で2階級昇進。もっとも、軍人になったつもりはありませんでした。
そして、戦後は在籍年数不足で軍人恩給はありませんでした。

自嘲気味に歌うその歌詞を聞き、思わずメモしました。
当時の人々もただただ「お国のため」だけではなかったのだと、
替え歌などを歌って憂さを晴らしていたのだと、
戦争中に貴い青春時代を送った若者たちを想像しながら
目の前の老いた竹ちゃんをいとおしく思うのでした。



# by kinen330 | 2019-02-22 19:08

満蒙開拓平和記念館の非公式ブログ。記念館にまつわるよもやま話を綴ります。


by kinen330
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る